航空券の選び方

周遊するか単純往復するか

海外旅行に行くときに単純往復にするか、周遊にするかって結構悩みますよね。
行先がヨーロッパなんかだと、鉄道網も発達しているから、周遊ではなく単純往復の航空券を買って鉄道の旅を楽しんでから初めに到着した都市に戻るという方法で楽しむ方もいらっしゃるかと思います。
でも、基本的には単純往復は一都市のみ行きたい旅行者の方にお勧めであり、二都市以上であれば周遊タイプのものを買った方がお得です。
都市数が増えても、周遊する都市の中で一番遠い都市まで行く運賃とあまり価格は変わりませんし、鉄道のチケットを個人で手配するのも面倒なので飛行機で行ってしまった方が楽です。
それに今は燃油代も馬鹿になりませんから、二回に分けて遊びに行くのであれば、一回の旅行で多少寄り道した方がお金の節約にもなりますよね。
もし、途中で列車の旅を楽しみたいというのであれば、オープンジョーという買い方はどうでしょうか。
たとえば到着地がパリだとしたら出発地はロンドン、その間のユーロスターのチケットはパリ滞在中に自分で手配するのです。
旅の楽しみは計画を立てるところから始まります。
次の旅は、これまでと違った選び方をしてみるのは如何でしょうか。